goro5goro5 さんのお気に入り

  • 編集履歴
  • お気に入り
  • トップ

最近ブログが更新されたお気に入りキーワード

  • 2019-01-28 柄谷行人(0)
  • 2019-01-28 村上春樹(0)
  • 2019-01-27 ノーベル文学賞(0)
  • 2019-01-26 福原遥(0)
    2019-01-26
    ...18/2/26)MBS 15:54-17:00 『水曜日のダウンタウン×王様のブランチ』コラボSP 熊井友理奈 小泉遥 小林麗菜 高柳愛実 山田菜々KTV 17:00-17:30 もしもツアーズ 福原遥 平祐奈 伊藤萌々香(フェアリーズ)YTV 深00:58-01:28 ガリゲル 大石絵理 滝沢カレン
    2019-01-19
    ...] 舟山久美子 持田香織 横澤夏子 ('16/12/18)YTV 13:55-16:00 しゃべくり007SP 高梨沙羅 ('17/5/15)KTV 17:00-17:30 もしもツアーズ 福原遥 平祐奈 伊藤萌々香(フェアリーズ)KTV 18:30-19:00 雨上がりのフォトぶら♪ 渡辺美奈代YTV 深01:13-01:43 ガリゲル 大石絵里 滝沢カレン
  • 2019-01-26 メルキド(0)
  • 2019-01-21 川上未映子(0)
    2019-01-21
    ...。帰りに猫を見つけながら帰ることにしたがなかなか見つからない。写真に撮った1匹が唯一みつけた猫。年末からゆっくり読んでいた樋口毅宏さんの『雑司ヶ谷RIP』を読み終わる。読み応えあった。そのあと、川上未映子さんの『乳と卵』も読む。最近は小説を読むのが楽しい。それと、このクールのドラマは『フルーツ宅配便』を見る。一話も面白かった。昨日の夕方は仕事で浅草にいた。そこから家に戻るのに、電車は微...
    2019-01-21
    ...出会った人たちともっと長くいたいとも思わないんだよ良い人もいたけど、別にいいのもういいんだ私は結局この街に馴染めなかったなぁそれとは違う寂しさも時々感じるようになって。というのは、川上未映子も、書いてたんだけどなんというかな私もう子どもには戻れない、なんか1つの区切りというか。もう過去には戻れないんだと思う寂しい気持ち。
  • 2019-01-20 高橋源一郎(0)
    2019-01-20
    以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月17日13時35分)から。 「外国人労働力」を確保しようと政府は出入国管理法を改正しました。国籍の異なる人々が国境を越えて出たり入ったりする場面が増えます。「出口」の一つ、光の当てられにくい外国人収容施設を作家の高橋源一郎さんが訪ねました。寄稿を掲載します。 コンビニでレジの前に立つ。すると、少したどたどしい日本語でしゃべる声が聞こえてくる。 「...
  • 2019-01-20 東浩紀(0)
    2019-01-20
    折々のことば:1058 鷲田清一2018年3月23日 公正であれば公平でなくてよい (山崎正和)     ◇ ある賞の選考会の終了後、美学者・評論家がふとこう口にした。フェアであることと不偏であることとは同じでない。賞の選考にあたっては、私も、平坦(へいたん)でない作業にこもる熱い思いに心を動かされた作品は、つい肩入れし強く推す。受けた衝撃が深ければ、その仕事の意味もきっと重いは...
    2019-01-19
    憲法を考える 「護憲VS.改憲」を超えて:下 中西寛さん、中島岳志さん、東浩紀さん2018年3月24日写真・図版中西寛さん 憲法9条を変えるとすれば、どう変えるべきか。いま変える必要性はあるのか。国際社会はどう反応するのか。思想、歴史、国際政治の視点から、「9条改憲」を問い直す。  ■国際的に不信感招くだけ 中西寛さん(京都大学教授) 憲法9条を改正すること自体には賛成です...
  • 2019-01-19 パフューム(0)
    2019-01-19
    ...よろしくお願い致します!そして、本日はこちらの教室も♪ソープカービング教室でございます。本日のモチーフは『パフュームボトル(香水瓶)』何度見ても石鹸とは思えない…♪今回もとっても可愛らしい素敵な作品でした。次回のソ...
    2019-01-06
    お金にはお金の価値がある。ゾゾ前沢のクソガキが、「1億円あげます」ってさ。「パフューム」とゆう、映画がある。最後は、喰われてしまい。さあ、ゲームの始まりです。
  • 2019-01-18 大江健三郎(0)
    2019-01-18
    大江健三郎『性的人間』を、『性的人間』新潮文庫1968年初版で半世紀ぶりに再読。1963年に発表された。最後の犯行の露呈する部分だけを鮮烈に記憶している。 半世紀以上経っても新鮮さを失わない。というより今こそ読まれるべき痴漢小説だ。この本に収録されている『セヴンティーン』だが、その第二部『政治少年死す』 は政治的理由で未収録。私は1970年当時出回っていた海賊版で読んだが。渡辺広士の解説から。...
  • 2019-01-14 本谷有希子(0)
    2019-06-30
    ■diskunionのHPでインタビューして頂きました→http://diskunion.net/jazz/ct/news/article/6/34360(2012年12月)以下、土佐が執筆・監修で関わった、通販可能な商品ポツドール初公式パンフレット劇団ポツドールが『愛の渦』再演に際して作成したパンフレット。三浦大輔ロング・インタビュー、米村亮太郎インタビュー、役者12人による三浦大輔欠...
    2019-01-14
    ...ーがいないからなのか、ぶっ飛んでいたりマニアックに突っ走ってたりで興味深くて好き💕そういうわけで、これはタモリさんがドローンで空撮したいまの東京を観察して、建築家の隈研吾さんと小説家の本谷有希子さんをゲストに語り合うという趣向の番組でした🌟†https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018093729SC000/?capid=nte00...
  • 2019-01-13 四方田犬彦(0)
  • 2019-01-12 アラン・ロブ=グリエ(0)
    2019-01-05
    ...、寝室、監獄、裁判所といった舞台装置のリアリティは最近のアメリカ映画ではお目にかかれないもの。映像、アングル、編集の飾り気のなさ。「漠然としているがたしかな魅力」のある小品。 同号にはアラン・レネとアラン・ロブ=グリエへのインタヴューも掲載、12月号では批評をめぐる討議に参加している。「現在の芸術」 同1962年6月号掲載の『草原の輝き』評。『草原の輝き』の主題は時間だ。時間の作用による...
  • 2019-01-10 佐々木敦(0)
    2019-06-30
    ■diskunionのHPでインタビューして頂きました→http://diskunion.net/jazz/ct/news/article/6/34360(2012年12月)以下、土佐が執筆・監修で関わった、通販可能な商品ポツドール初公式パンフレット劇団ポツドールが『愛の渦』再演に際して作成したパンフレット。三浦大輔ロング・インタビュー、米村亮太郎インタビュー、役者12人による三浦大輔欠...
    2019-01-10
    ...映後 トーク ゲスト:文月悠光(詩人)、杉田協士監督1/21(月)19:00の回上映後 トーク ゲスト:西原孝至(映画監督)、杉田協士監督1/22(火)19:00の回上映後 トーク ゲスト:佐々木敦(批評家)、杉田協士監督※全席指定
  • 2019-01-10 蓮實重彦(0)
    2019-01-10
    ...プの指示通りに動くことで奇跡的に迷うことなくカプセルホテルへ。取り急ぎ無駄な荷物だけ放り投げ渋谷へ向かい、「ヘルス」「無料案内所」などと書かれたいかがわしい店の並ぶ通りを抜けシネマヴェーラに到着し、「蓮實重彦セレクション ハリウッド映画史講義」特集で上映される『危険な場所で』と『ショックプルーフ』を無事鑑賞。後者は先日更新した下半期旧作ベストテンに入れるくらい面白かった。しかし年末だというのにこん...
  • 2019-01-02 伊藤計劃(0)
    2018-12-31
    ...係を構築できなかったりするわけですが、そうしたCUREはもうやめてCAREでいいのでは、という革命的な割り切りがあるように見受けられます。國分功一郎「中動態の世界 意志と責任の考古学」伊藤計劃「虐殺器官」という最高に面白い小説があったんですが、この作中で、言語が人間の思考や行動を規定する、という話が出てきます。思考の基底にあるがゆえに、意識の及ばない階層において、積み重なっていく言...
  • 2018-12-30 笙野頼子(0)
    2018-12-30
    ...たり。近場を移動。なんだか人が多い。あ、日曜日、というよりもう年末休暇か。菩提寺から頂いた法要表には 来年、亡父の四十七回忌。そんな回忌、初めて知った。五十回忌までないと思っていた。まあ『二百回忌』(笙野頼子)ってのもあるから。『二百年の子供』 (大江健三郎)もあるなあ。  ネット、いろいろ。 《 権力側が「国民に配慮するフリ」をやめた1年だった―東浩紀×津田大介が今年を振り返る 》 J-...
  • 2018-12-28 浅田彰(0)
  • 2018-12-27 早稲田文学(0)
    2018-12-27
    ...めてから読書会の帰り道にお仲間たちと寄って下さり外文のさまざまな本を買って行ってくれたり、また店でやっている映画の会に参加してくださったりというふうにお付き合いをさせていただいてきました。もちろん、「早稲田文学」の新人賞を、しかもあの中原昌也さんが選考した回で受賞されたということは知っていましたが、ぽつぽつお話をしたり聞いたりするなかで、「あぁこんな人が県内にいるなんて・・・」とワタシの鑑識眼はさ...
    2018-10-03
    ...5,000竹宮惠子カレイドスコープ  とんぼの本 石田美紀、寺山偏陸 2016 新潮社 \1,200同人誌のデザイン 手に入れたくなる装丁のアイデア 井上綾乃 2017 しまや出版 \1,200早稲田文学増刊 女性号 川上未映子 編 2017 早稲田文学会/筑摩書房 \1,500パンツ専門ポーズ集 パンツが大好きだから、大至急パンツを描きたい! サイトウ零央 2018 玄光社 \4,500...
  • 2018-12-27 中原昌也(0)
    2018-12-27
    ...と寄って下さり外文のさまざまな本を買って行ってくれたり、また店でやっている映画の会に参加してくださったりというふうにお付き合いをさせていただいてきました。もちろん、「早稲田文学」の新人賞を、しかもあの中原昌也さんが選考した回で受賞されたということは知っていましたが、ぽつぽつお話をしたり聞いたりするなかで、「あぁこんな人が県内にいるなんて・・・」とワタシの鑑識眼はさておき強く思った次第です。「生...
お気に入りが似た人
  • shinichikudoh
  • inmymemory
  • kjmt
  • ito883
  • kurokawa-s
  • JACK5
  • etw
  • under_age
  • CydonianBanana
  • kasasagi_bookers
  • sofusofu1959
  • yaburekabure
  • shintaro92
  • tosiki6k
  • kh53281
  • milinfeng
  • TwistedMemory8686
  • teruinside
  • renhoshino
  • cheechoff