yukobayukoba さんのお気に入り

  • 編集履歴
  • お気に入り
  • トップ

最近ブログが更新されたお気に入りキーワード

  • 2018-10-14 Groovy(1)
    2018-10-14
    ...の間にアートが授かった男の子、ジェイムス・ガーファクル。後に若き日のアートそっくりの天使のような姿となり、アートの公演では"The 59th Street Bridge Song ( Feelin' Groovy)"をデュエットしていたのが懐かしい。現在もアートの公演に時折同行するのだけれど、いかついスキンヘッドにな...
    2018-09-20
    ...ればならないかというとそうではないと思う。UKなんかはもっとゆるやかで、たしかに新しい文化や、プロ化の波はゆるやかになるけど彼らは楽しそうである。音楽が生まれるかどうか、とか音楽に接しないのとgroovyであるかは別な話である。日本は商業的なものにもまれすぎて、なおかつ音楽なんてなくても生きていけるとか、ないと生きてけないとかそういう観念が多すぎて音楽から疎遠になっている。そもそもそん...
  • 2018-10-13 ニューラルネットワーク(1)
    2018-10-13
    ...:20181013115124j:image:left]「73年前の今日。1945年9月15日。終戦直後にマーシャル諸島で撮影された日本軍兵士たち。おそらくウォッゼ島かマロエラップ島で撮影されたもの。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。」・・・と、SPYBOYさんの記事です:(青字by蛙)これに対して『こんなになるまで戦ってくれてありがとう』とかtweeetしているバカが大勢いま...
    2018-10-04
    ...スの牧師トーマス・ベイズ(1702年(?) - 1761年)によって1763年に発見されたベイズの定理をもとにしている。※自己組織化マップ:コホネン(T. Kohonen)により提案された教師なしのニューラルネットワークアルゴリズム。※独立成分分析(ICA):多変量の信号を複数の加法的な成分に分離するための計算手法。典型的なICAの応用として、室内で録音された複数の人間の会話から特定の人物の声...
  • 2018-09-02 最適化問題(0)
    2018-05-29
    ...g rule, method, algorithm estimator, optimizer, learning functionケメニ―距離〈ケメニ―/スネル距離 | ケンドールのτ距離〉の最適化問題で、最適解をoptimal Kemeny consensuと言っている。(Kemeny, Snell, Kendall)ということは次が関連する。 合意形成の理論 ゲーム理論 最...
    2018-02-19
    日本経済新聞 最適化問題、早く解くには どこにでもある数学の難問 量子コンピューター改良進む 膨大な計算、一瞬で
  • 2017-12-16 最小全域木(0)
  • 2013-07-25 RPROP(0)
  • 2010-07-30 分布推定アルゴリズム(0)
    2010-07-30
    これなら分かる最適化数学を読んだ。最適化の話題について広く浅く、例題を多めに紹介してある。非常に分かりやすい。個人的に興味があるのは統計的最適化と動的計画法。前者は遺伝的アルゴリズムの分布推定アルゴリズムあたりで興味を持ってどういうものなのか前から興味があった。前にサポートベクトルマシンでMarathonMatchを解いたというblogを見たことがあって、どのように最適化に利用されている...
  • 2009-04-26 単変量周辺分布アルゴリズム(0)
お気に入りが似た人
  • nobusue
  • fumokmm
  • SuperAlloyZZ